MENU

16:39
朝鮮外務省代弁人 朝鮮を国際刑事裁判所などと結び付ける米国と対座する必要がない

[조선어] [English] [Русский] [中国语] [日本語] [Español]

 

朝鮮外務省のスポークスマンは17日、次のような談話を発表した。

14日、第74回国連総会第3委員会で反朝鮮「人権決議」なるものが強圧採択された。

われわれはこれを、われわれを標的と明白に定めてわが制度を強盗的に抹殺しようとする敵対勢力の無分別な政治的挑発行為としてしゅん烈に断罪、糾弾する。

国連の看板を盗用した今回の「決議」採択劇は、国連なるものが米国が手を上げろと言えば上げ、下ろせと言えば下ろすカカシに完全に転落したことを赤裸々に示している。

これまでの歴史が示しているように、自分らに従順でない国々の政権交代を企図するたびに、「人権」問題をつくり上げ、それを侵略の口実に使うのは帝国主義者の常套的な手口である。

李下に冠を正さずと言われるように、ワシントンの政界で「人権」うんぬんが響き出て自分の故郷と血肉まで捨てて逃走した人間のくずがホワイトハウスに公然と出入りしているのと時を同じくして演じられた今回の「決議」採択劇は、反朝鮮「人権」騒動の背後に米国がいることを如実に証明している。

実際に、数日前までも米国が南朝鮮との合同軍事演習を調整しようとする意思を示したことに対して、われわれは対話の相手であるわれわれに対する考慮から緊張状態を緩和し、対話に機会を与えようとする肯定的な試みの一環に見るために極力努力した。

しかし、今回、反朝鮮「人権決議」が強圧採択されたのを見ながら、われわれは米国がわが制度を崩そうとする荒唐無稽(こうとうむけい)な夢を相変わらず捨てていないことを再びはっきりと確かめるようになった。

朝米関係が絶妙な曲がり角に置かれた現在のような鋭敏な時点に、米国がわれわれをまたもや刺激する政治的挑発をしかけてきたことについて、われわれは警戒心を持って対している。

現実は、米国がわれわれの思想と制度に対する体質的な拒否感にとらわれてわれわれを孤立、圧殺するための敵視政策に相変わらず執着していることを実証している。

特に、朝米対話が浮かび上がっている時に、米国がわが制度を転覆しようとする妄想をしているのは、われわれと対座して心から問題を解決しようとする意思が全くないということを示している。

われわれは、このような相手とこれ以上、対座する意欲がない。

特に、神聖なわが朝鮮を国際刑事裁判所などと結び付けている米国と対座する必要はなおさらない。

今後、朝米対話が開かれるとしても、われわれとの関係改善のために米国が敵視政策を撤回する問題が対話の議題になるなら分からないが、その前に核問題が論議されることは絶対にないであろう。

Category: 日本語 | Views: 21 | Added by: redstartvkp | Tags: DPRK-US relations, Human Rights, usa, Korea, North Korea, DPRK, un