MENU

21:57
朝鮮外務省代弁人 朝鮮漁船を沈没させた日本政府に賠償し、再発防止対策を講じることを要求

[조선어] [English] [Русский] [中国语] [日本語] [Español]

 

朝鮮外務省のスポークスマンは、最近、日本が朝鮮東海の水域でわが漁船を沈没させた事件が発生したことで12日、朝鮮中央通信社記者の質問に次のように答えた。

7日、日本水産庁の取締船が朝鮮東海水域で正常に航行していたわが漁船を沈没させる白昼強盗さながらの行為を働いた。

日本側によってわが船員たちが救出されたと言うが、彼らの生命安全は甚だしく脅かされた。

日本政府の当局者らとメディアは、わが漁船が取り締りに応じず、急旋回をしたために自国の取締船とふつかったのが事件の基本原因であるかのように世論をまどわしている。

日本が自国の故意の行為を正当化してみようと熱を上げて盗人猛々しく振る舞っているが、わが漁船を沈没させ、船員たちの生命安全まで脅かした今回の事件の責任から絶対に逃れられない。

われわれがすでに、わが漁船の活動に対する妨害や取り締り、その他の物理的な行動が突発的な衝突を引き起こしかねないということについて事前警告したにもかかわらず、挑発的に出た以上、それに対応して必要な行動措置を取っても日本側は言う言葉がないようになっている。

われわれは、日本政府がわが漁船を沈没させて物質的被害を与えたことに対して賠償し、再発防止対策を講じることを強く求める。

このような事件が再び発生する場合、日本が願わない結果が招かれるであろう。

Category: 日本語 | Views: 49 | Added by: redstartvkp | Tags: DPRK, North Korea, DPRK Foreign Ministry, Japan, Korea, DPRK-Japane relationships