MENU

20:22
朝鮮外務省代弁人 安倍政権は分別のある行動を取るべきだ

 

[조선어] [日本語]

 

朝鮮民主主義人民共和国外務省報道官が談話を発表しました

 

朝鮮民主主義人民共和国外務省報道官が24日、談話を発表しました。

談話は、日本政府が「幼児教育、保育無償化」制度から朝鮮学校の幼稚班を排除したのに朝鮮人民の反日感情が強く触発されている、

在日朝鮮人の子女を高校授業料無償化制度から排除したばかりか、幼稚班の子供たちに対する保育支援まで完全に拒否したのは、共和国に対する露骨な敵対行為で、許せぬ非人道的暴挙だ、

こうした前代未聞の野蛮行為は、在日朝鮮人みなを民族排他の坩堝に落とし入れ、民族性を必ず抹殺しようとの魂胆の表れだ、

安倍政権は折に触れて、「条件付きのない対話」を云々しているが、時の流れに逆らう悪行だけを働き、朝鮮敵視政策を引き続き追求する限り、共和国の敷居は絶対またがせないと言うことを肝に銘じ、分別をわきまえなければならない、と述べています。

Category: 日本語 | Views: 33 | Added by: redstartvkp | Tags: Japan, DPRK Foreign Ministry, DPRK-Japan relationships, Human Rights, Korea, DPRK