MENU

03:13
金才龍総理が複数の単位を視察

 

[조선어] [English] [Русский] [中国语] [日本語] [Español]

 

朝鮮民主主義人民共和国国務委員会委員である金才龍内閣総理(朝鮮労働党政治局委員)が、複数の単位を視察した。

金才龍総理は、東平壌火力発電所と清川江火力発電所を見て回りながら、保温対策を抜かりなく立てるとともに、発電設備の運営において標準操作法と技術規定の要求を徹底的に守って発電機の出力を最大限高めることに言及した。

朝陽炭鉱の生産実態を調べた金才龍総理は、坑木生産のための自体の林地造成を将来を見通して行い、新しい炭田の開発を推し進めるとともに、設備と資材、部品の供給を確固と先行させて石炭の生産を画期的に増やすことについて強調した。

現地での各協議会では、活動家が経済の企画と指揮を綿密に行って火力発電用石炭の供給を受け持った炭鉱に労力と設備、資材を集中して石炭生産を高い水準で正常化し、関連単位が連携生産品を最優先的に供給することをはじめ、朝鮮労働党の意図通りに高まる電力需要を円滑に満たすための対策が討議された。

Category: 日本語 | Views: 45 | Added by: redstartvkp | Tags: Joyang Coal Mine, Kim Jae Ryong, East Pyongyang Thermal Power Plant