MENU

18:48
金正恩党委員長の朝鮮国務委員会委員長推戴3周年祝賀中央報告大会

 

最高指導者金正恩党委員長の朝鮮国務委員会委員長推戴3周年祝賀中央報告大会が28日、平壌の人民文化宮殿で行われた。

大会には、崔龍海、朴奉珠、金才龍の各氏と党と政府の幹部、党中央委員会の活動家、武力機関の責任幹部、内閣、勤労者団体、省・中央機関の活動家、朝鮮人民軍、朝鮮人民内務軍の将兵、平壌市内の機関、工場、企業の活動家、功労者が参加した。

朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員会委員で朝鮮国務委員会第1副委員長である最高人民会議常任委員会の崔龍海委員長が報告を行った。

報告者は、チュチェ105(2016)年6月29日、最高人民会議第13期第4回会議で金正恩党委員長を朝鮮国務委員会委員長に高くいただいたのはチュチェの社会主義国家建設において重大な歴史的意義を持つ政治的出来事であったと明らかにした。

また、これまでの3年間は非凡で特出した英知と老熟かつ洗練された政治で奇跡的な勝利を次々ともたらした金正恩委員長のずば抜けた指導力と偉人的風ぼうが世界に誇示された日々であったとし、次のように言及した。

歴史の峻厳(しゅんげん)な風波の中で金正恩委員長は、革命に対する限りない忠実性と鉄の信念、頑強な実践力で朝鮮の国力と地位を最上の域に押し上げた。

 

金正恩委員長の非凡な用兵術によって政治・思想強兵化、道徳強兵化が力強く推進され、人民軍が党の指導に限りなく忠実な革命的党軍に、百戦百勝の戦略・戦術と完璧(かんぺき)な実戦能力を備えた無敵強兵にいっそう強化されたし、われわれの国防工業はいかなる先端武装装備も決心した通りに作り出す開発・創造型の自立的で近代的な革命工業に発展した。

帝国主義との決死の対決の中で最強の戦争抑止力を築いたのは金正恩委員長が祖国と人民のために積み上げた業績の中の業績であり、この輝かしい勝利によってわが人民は永遠に青空の下で尊厳あって幸せな生活を享受するようになった。

自力更生を自分の存立の基礎に、発展の動力にしているチュチェ朝鮮の国力は底知れないものであり、いかなる勢力も朝鮮が進む道を変更させることも、われわれを窒息させることもできない。

報告者は、金正恩委員長の透徹した自主信念と戦略的決断、主動的かつ積極的な対外活動によって6・12の特大出来事がもたらされ、朝鮮と諸大国との関係が再定立されており、世界の平和と安全の守護、正義の国際社会建設の新しい地平線が開かれていると述べた。

また、朝鮮政府は祖国統一の歴史的偉業を必ず成し遂げ、朝鮮の自主権を尊重し、友好的に接する世界各国との友好と協力のきずなを強化し、発展させるために極力努力していくと語った。

報告者は、金正恩委員長を朝鮮の最高首位に高くいただいてチュチェ朝鮮の前途には勝利と栄光だけがあり、21世紀は偉大な金日成金正日主義の全面的勝利の世紀として輝くであろうと強調した。

 

 

Category: 日本語 | Views: 18 | Added by: redstartvkp | Tags: DPRK, Korea, North Korea, Meeting