MENU

19:45
金正恩党委員長が江界市と満浦市の建設総計画を指導

 

朝鮮労働党委員長で朝鮮国務委員会委員長、朝鮮武力最高司令官であるわが党と国家、武力の最高指導者金正恩同志が、慈江道内の党、行政および設計機関の責任活動家と共に江界市と満浦市の建設総計画を検討して指導した。

朝鮮労働党中央委員会の趙甬元第1副部長、朝鮮労働党慈江道委員会の姜峯訓委員長、慈江道人民委員会の李兄根委員長と、道と市の党および行政活動家、慈江道都市設計研究所をはじめとする当該部門の活動家が参加した。

敬愛する最高指導者は、江界市と満浦市の建設総計画図と都市建設展望模型を見ながら都市形成計画に対する解説を聞き、江界市と満浦市を時代の要請に即して立派に建設するうえで提起される課題と方途を提示した。

最高指導者は、都市の建設を具体的な打算もなく雑多に繰り広げて、空地を探して埋める方式で行ったので全般的な建物が無秩序に配置され、建築歴史博物館のようになったと指摘し、建設区画を思想教育地区、産業地区、文化地区など、顔立ちがはっきりするように分けて整理し、それに従って区画別鳥かん図を作成して年次別計画に組み入れて建設を行わなければならないと述べた。

最高指導者は、都市形成においてその地方の固有な特性をよく生かすのが何よりも重要であると述べ、山間文化都市のモデルに建設されている三池淵郡の経験を見習って自分の地域の性格が生かされるように建築形成計画を科学的に立て、建築物を多様な形式で特色あるものに建設して市の面ぼうを一新させなければならないと語った。

敬愛する最高指導者は、江界市の園林化水準が嘆かわしいことを指摘し、園林・緑化事業は人民に文化的な生活の条件と環境を与えるための重要な事業であると述べ、山間地帯によくマッチするいろいろな樹種の木を配合して植え、緑地をより多く造成すべきであると語った。

敬愛する最高指導者は、都市の建設で最も重要なのは人民の便宜を図る原則を徹底的に守ることであると述べ、道と市で運営する中・小型発電所を整備、補強して電力生産を増やし、電気暖房と地熱暖房、自然エネルギーを積極的に配合して建物の暖房問題を解決し、住民一人当たりの一日給水量を高い水準で保障できるように水源地の水生産能力を画期的に高めなければならないと語った。

最高指導者は、都市を建設する時に汚水処理対策を立派に講じるのは生態環境汚染を防ぐためのきわめて死活的な問題であると述べ、インフラ工事を科学的に行い、下水浄化施設を正常に稼働させて産業廃水と生活汚水を徹底的に浄化処理しなければならないと語った。

敬愛する最高指導者は、建設を力強く推し進めるには仕上げ建材を早く発展させなければならないと述べ、セメント工場と瓦工場、タイル工場をはじめ道内の建材生産拠点を立派に築き、生産を活性化して各道で地方の建設に必要な仕上げ建材を自前で生産、供給すべきであると語った。

敬愛する最高指導者は、地方都市の建設で革命を起こすには道の設計力量を強化することが重要であると述べ、道設計機関の機構体系をよく研究して統合的に整え、活動条件と生活条件を十分に保障し、中央と地方が協力して水準の高い設計士を育成するための事業を力強く推し進めなければならないと語った。

敬愛する最高指導者は、全国の至る所で世界的水準の記念碑的建造物が雨後のたけのこのように建てられる沸き立つ雰囲気に合わせて、道・市・郡党が道・市・郡所在地をその地方の特性が生かされ、自分の顔が現れるように整えるための活動を競争的に繰り広げて、地方都市の面ぼうを根本的に一新させるための旋風を巻き起こさなければならないと述べた。

 

Category: 日本語 | Views: 14 | Added by: redstartvkp | Tags: Kim Jong Un, Kanggye, DPRK, North Korea, Manpho, Korea