MENU

朝鮮革命の歴史的転機を迎えるために

 

朝鮮の抗日革命闘争史には国の解放の日を主動的に迎えるための戦略的路線が示された小哈爾巴嶺会議が記されています。

朝鮮革命博物館の学芸員パク・チョンホさんのお話です。

「小哈爾巴嶺会議は抗日武装闘争の重要な戦略的路線を打ち出した1931年12月の明月溝会議、1936年2月の南湖頭会議と並んで、朝鮮革命が新たな転機を迎える時に戦略的路線を変えることを決定した歴史的な会議でした」

1940年代に入り、日帝は朝鮮人民革命軍を無くさないことには中日戦争も、進んでは「大東亜共栄圏」の野望も実現できないと打算し、朝鮮人民革命軍の「討伐」に兵力を大挙投入しました。

情勢は革命の新しい戦略的路線を切実に求めていました。

革命闘争が新たな戦略的段階に移るためには、主体的勢力に対する打算とこれまでの闘争に対する科学的な分析に基づいて、最終的勝利を早めるためのもっとも正しい選択肢が必要でした。

路線の転換のため、金日成主席は先行段階で規定した戦略的課題の解決如何と敵味方の勢力関係の変化を具体的に調べました。

当時、新たな戦略的段階の課題をゆうに遂行できる主体的な核心勢力がしっかり準備されていました。

わけても朝鮮人民革命軍は政治・思想と軍事・技術の面でしっかり準備されていました。

こうしたことから
主席は国の解放の日を主動的に迎えるため、勢力の保存と蓄積を着実にすることについての新たな作戦的構想を練りました。

パク学芸員のお話です。

金日成主席はチュチェ29(1940)年8月10日から11日まで中国東北地方の敦化県小哈爾巴嶺で朝鮮人民革命軍の軍事・政治幹部会議を招集し、『祖国解放の日を成功裏に迎えるために』という歴史的な報告で、国の解放の日を主動的に迎えるための戦略的路線とその実現のための方針を示しました。

 

主席は朝鮮革命の中枢となる勢力である朝鮮人民革命軍の兵力を保存し蓄積して、隊員たちを有能な政治・軍事幹部に育成することを、国の解放を迎える時に実現すべき新たな戦略的課題として決めました。

そして、この戦略的課題を成功裏に遂行するため、大部隊作戦から小部隊作戦へと移ることについての新たな闘争方針を示しました」

主席は最後の勝利はわれわれのものであり、滅亡すべきものは専ら日本帝国主義者だけだとし、みなが国の解放の日を早めるための戦いを果敢に繰り広げようと呼びかけました。

 

 

主席が打ち出した新たな戦略的路線に則り、必勝の信念と敵撃滅の気概に満ちた朝鮮人民革命軍の隊員たちは、国内と満州のいたるところで数多くの小部隊、グループの大胆な機動戦で敵に甚大な政治的・軍事的打撃を与えました。

 

 

 

 

 

まさに、小哈爾巴嶺会議は抗日武装闘争を最終的勝利のための新たな戦略的段階に移行させるためのターニングポイントとなり、日帝との最終的決戦の準備と解放された国での新社会づくりを成功裏に行うための準備をしっかり整えるうえで画期的な転機を迎えるための歴史的な会議でした。

 

Category: 偉人伝 | Added by: redstartvkp (15/08/19)
Views: 18 | Tags: KPRA, Revolution, anti-Japanese revolution, Korea